スプレー缶の捨て方|出張回収、処分を頼むならエコタス福岡

スプレー缶の捨て方・処分

スプレー缶の捨て方

福岡でスプレー缶・カセットボンベなどを処分する際は指定のゴミ袋に入れて行政の指定日にゴミとして捨てるのが一般的です。ただ中身が入っているスプレー缶やカセットボンベなどは中身を使いきった後でないと捨てることができません。その為、途中まで使って使わなくなったスプレー缶や家の中にストックとして取っておいた未使用中身入りのスプレー缶、カセットボンベなどが溜まってしまうことがあると思います。
そんな時にどのように処分すればよいのか、なかには有害なガスが入っている場合もありますので非常に処分に困る不要物になります。スプレー缶・ガスボンベの処分方法としていくつかありますので、参考にしてください。

スプレー缶の種類

スプレー缶には、いろいろな種類があります。まずはそれを把握して捨て方を確認しましょう。不用意に捨てると事故の原因になります。

生活用のスプレー缶

ムースなどのヘアケア用品、デオドラント用品、消臭剤や脱臭剤などのスプレーになります。
人に対して使用するものですから、基本的には無害です。その為、中身が残っているものでも比較的捨てやすいです。

LPガス

LPガスはカセットボンベに使用されるガスです。鍋料理やバーベキューなど用途は幅広いです。
何年にもわたって使い続けられますが、缶がさびてしまった場合は、ガス漏れの恐れがあります。
ですから、缶にさびが発生していたら、中身が残っていたとしても捨てましょう。

殺虫剤

殺虫剤はスプレー式のものが一般的です。家庭用の殺虫剤は毒性の低いものがほとんどですが、それでも大量に噴霧すれば健康に影響があります。
また、古い殺虫剤などは毒性が強い成分が使われている場合がある為、こちらは注意が必要です。

塗料スプレー

スプレー式の塗料は、プラモデルや模型作りが趣味という方ならばおなじみのものでしょう。
これも、不要になったからといってそのまま捨てる事ができませんので始末に困るものの一つです。

中身の入ったスプレー缶の処理方法

自分で処理する方法

ヘアスプレー、殺虫剤、ガスボンベ、塗料スプレーなどを中身のガスが入った状態で穴をあけると、ガスが噴出して途中で止まらなくなり危険ですので絶対におやめください。
ガスを抜く時は、屋外の火の気のない風通しの良いところで、スプレー缶のキャップを外し、先端を下にして、先端部をコンクリートなどに押し付けて中身を抜いていきます。
ガスが出なくなった後は振っていただき「サラサラ」とした音がしなければガスが抜けて空になっています。ガスが完全に抜けましたら、お住まいの地域自治体のごみ出しの取り決めに従って廃棄ください。

業者に頼んで回収してもらう方法

不用品の回収業者(許可業者)でもスプレー缶の出張回収が可能です。中身入りのスプレー缶が大量にある場合も対応可能ですのでお気軽に問い合わせください。

出張回収の場合の料金目安

中身入りのスプレー缶10本未満: 3000円+税
中身入りのスプレー缶10本以上~20本未満: 3000円~5000円+税
中身入りのスプレー缶20本以上: 問い合わせ下さい。

出張回収エリア

福岡市全域

博多区、中央区、東区、南区、早良区、城南区、西区

糟屋郡全域

粕屋町、新宮町、志免町、篠栗町、須恵町、久山町、宇美町

福岡都市圏全域

春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市、古賀市、福津市、那珂川市

お急ぎの場合は即日作業も可能な場合がありますご連絡ください。

問い合わせ

見積り無料ですのでぜひお電話ください☆

お気軽にお問い合わせください!
☎ 092-775-9206
年中無休 9:00~20:00

関連サイト

福岡の不用品回収なんでも回収ゴミ回収処分福岡

福岡のゴミ屋敷片付け・整理、不用品回収ならエコタスへ!

ゴミ屋敷の片付けに困っている、家や部屋のなかにたくさんの家具類や家電類の不用品があってなんとかしたい。そんなときはエコタスにお任せください。