ごみ屋敷を解消する具体的な方法

ゴミ屋敷解消方法

ゴミ屋敷を解消したい人必見!その方法とは!?

気が付いたら自宅がごみの山になっていたという経験はありませんか。
ゴミ屋敷を一人で片付けるのは、非常に大変ですよね。
また、適切な方法で片付けや掃除を行わないと余計に時間がかかってしまうだけでなく、費用が必要以上にかかることもあります。
そこで今回はごみ屋敷の片付けの方法や最適な手順を詳しく解説します。

ゴミ屋敷の片付け方の手順

主な片付け方法の手順は以下の4つになります。

  1. 必要なものと不要なものを分ける
  2. 玄関からゴミ場所までの通路を確保する
  3. 片付けに順番をつける
  4. 大きなものから片付ける

1.必要なものと不要なものを分ける

まず、最初に行っていただきたいのはごみの選別です。
ただし捨てるのもと捨てないものの選別作業はゴミ屋敷状態だと選別する量が膨大で大変です。そこでここでは捨てないもののみピックアップしてそれ以外は全て捨てるという大まかな選別をします。大まかな選別ですので片付け中に捨てないものがゴミの中からでてきた際は捨てないものリストに途中で追加してもかまいません。最初にこの大まかな選別をするだけで非常に効率が上がります。

2.玄関からゴミ場所までの通路を確保する

片付け作業を行う際に最初に行う片付け場所は、外へと繋がる場所(一般的には玄関)からゴミ場所までの通路の確保です。もちろん玄関にゴミが溜まっている場合は、
一番最初に玄関のゴミを片付けます。玄関やゴミ場所へ繋がる通路を片づける事で、大きな家具や家電製品などを部屋から出す際にも安全ですし、作業中にケガをする
リスクも軽減されます。通路を確保することで片付けや掃除にかかる時間も短縮できるのでまず初めにやるべき作業になります。

3.片付けに順番をつける

通路が確保できたら、次は掃除をする場所の優先順位を決めていきます。間取りにはリビング、キッチン、トイレ、お風呂、各部屋など様々ですが、
基本的に片づける順番としては各場所事に区分けして、玄関から一番近い場所から片付けていく事で効率よく作業が進みます。
またトイレやお風呂などは基本的には最後に片付けを行う事が一般的です。作業を部屋ごとに順番をつけることで、一気に片づけるという気負いをする事もなくなりますし、自分の力でできる範囲から着実に取り組んでいくことが可能です。
ここでもう一つ大事なことは、この場所を片付けると一度決めたら、その部屋を掃除し終わるまでは基本的にその部屋以外の片付けは後回しにすることです。
部屋、リビング、キッチンと場所を転々としてしまうと、必要以上に時間がかかり、効率が悪くなります。
各場所事に集中的に掃除をするということがゴミ屋敷の片付けでは重要です。

4.大きなものから片付ける

具体的な片付けの手順に入っていきましょう。
原則としては片づける場所が決まったらその場所の手前にある大きなものから処分していくということが重要です。
これは先ほど述べた部屋の優先順位を決めるということと似ています。
大きなものから処分することで片付けが一気に進んだような感覚になって、心理的に楽になるからです。
場所をとるものから小さなものへと移っていく、この流れを掃除の時に意識するようにしましょう。

業者を利用するという選択肢

これまで紹介してきた方法では、個人で片付けや掃除をすることを前提としてきました。
しかし、廃棄したいものの量や種類によっては業者に依頼したほうが有効的です。
個人で掃除をすることができる基準としては間取りが1K、もしくはワンルーム、ゴミ屋敷と化しているのが特定のある部屋だけ、水回りが使用可能であることです。

こうした条件に当てはまらない場合は業者に頼んで、掃除をしてもらうことを推奨します。
以下で業者に頼むメリットを紹介します。

業者に片付けを頼むメリットは以下2つになります。

  1. 近所の人に迷惑をかけずに、迅速に片付けができる
  2. 特殊なゴミの処理も可能である

1.近所の人に迷惑をかけずに、迅速に掃除ができる

ゴミ屋敷を掃除する際に、ネックとなるポイントの一つはご近所さんの目線や迷惑にならないかなどではないでしょうか。
何日もかけて大型ごみを搬出したり、部屋の片付けに取り組んだりしていると、必然的に近隣の方に迷惑をかけたりすることもあります。しかし、ゴミ回収の専門業者を使って複数人で片付けに取り掛かれば、短時間で清掃を終わらせる事や、近隣の住人の迷惑も最小限に抑えられる事が可能です。また、専門業者に依頼する事で個人情報は守られ、情報漏洩の危険も心配いりません。

2.特殊なゴミの処理

ゴミの種類によっては個人で処分することが困難なものがあります。
家電リサイクル品である、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどや特殊な大型ごみはたとえ処分できたとしても、煩雑な事務処理が必要になってしまいます。不要品回収業者は専門の廃棄業者と提携していることが多いため、そうした処理をすべて請け負ってくれます。また、専門の不要品回収業者に依頼することで、かかる費用を安く抑えられるだけでなく、不用品の中に買取品があれば下取りしてくれるのも利点の一つです。

まとめ

今回はごみ屋敷の片付け方をご紹介しました。
自力で片付けをする際は優先順位をつけて清掃を行うことで、効率的に作業を進められます。
しかし、片付けの規模によっては業者を利用するほうが効率的であることもあります。
ご自身の状況に合わせた選択をしゴミ屋敷を解消していきましょう。

関連サイト

ゴミ屋敷片付け回収処分福岡

福岡のゴミ屋敷片付け・整理、不用品回収ならエコタスへ!

ゴミ屋敷の片付けに困っている、家や部屋のなかにたくさんの家具類や家電類の不用品があってなんとかしたい。そんなときはエコタスにお任せください。